カメラマンって、実は意外と稼げるんです。


by soevmlmm8o

<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 新潟大学災害復興科学センター(新潟市西区)の河島克久准教授(47)のグループが、山の谷間に残った雪(雪渓)が崩れて登山者らが死傷した事故の事例を検索できる「雪渓崩落災害データベース」を作製した。

 2004年までの40年間に国内で起きた事故45件の新聞記事や資料などを収録したこれまでにない試みで、河島准教授は「中高年の登山ブームの今、登山団体や自治体で活用してもらい、雪渓崩落の危険を認識してほしい」と呼びかけている。

 河島准教授は、雪による災害の研究が専門。作製のきっかけは、04年8月1日に、荒沢岳(新潟県魚沼市)で雪渓が崩落し、写真愛好家ら3人が犠牲となった事故。調査を進める中で、過去の事例を網羅した資料がないことに気づいた。

 過去の事例を知ることで、発生しやすい場所や特徴がつかめ、危険の予測に役立つ。河島准教授らは約5年かけて全国紙や地方紙の記事などを収集。登山者の事故が多い富山県の助成も受け、今年2月、データを収録したCDを作製した。

 データベースでは、1965年から04年までに判明した45件の発生日時や位置、被害の概要などを事例別に整理。計62人が被災し、うち33人が死亡していた。荒沢岳での事故では時系列で整理した写真も載せたほか、45件とは別に白馬大雪渓(長野県)の崩落(05年)を撮影した動画も収めた。

 事故は、群馬県が最多の13件、次いで富山県の12件。本県は70年に南魚沼市の水無川上流滝ノ沢で登山者2人が死亡した事故など70年代3件と04年の荒沢岳の計4件で、計8人が被災し6人が死亡した。

 事故のうち30件が7〜8月に集中し、全体の約半数が午前10時から午後2時の間に発生していた。40歳以上の被災者の割合は約37%だが、中高年の登山ブームとなった90年以降は、約79%と倍増している。

 雪渓は急な山のV字谷にできることが多く、崩落事故は、主に雪崩で雪がたまる谷川山系や越後山脈では標高1000メートル前後、雪がふきだまりになる北アルプスでは標高1500〜2000メートルに集中していることがわかった。

 最近では雪渓の周辺に高山植物の花が咲くことなどから人気を集めている。北アルプスの白馬岳や立山など、観光の対象になっている雪渓もあり、河島准教授は「雪渓の上を通るルートは、危険も十分に知ってほしい」と話している。

 CDは1000枚を作製。希望する団体や自治体に無料で提供する。問い合わせは同センター(025・262・7051)へ。

河口16キロ上流でも水位急上昇=40センチ、利根川で−茨城(時事通信)
思いやり予算見直し議論も、日米審議官級協議(読売新聞)
COP10名誉大使にMISIAさん=国連(時事通信)
マンガ王国、新潟市へ 試される本気度(産経新聞)
首相動静(3月2日)(時事通信)
[PR]
by soevmlmm8o | 2010-03-07 22:30
 チリ中部で起きた大地震で、気象庁は27日、太平洋の広域に津波発生の可能性があると発表した。日本への津波の有無については調査中としている。 

【関連ニュース】
〔特集〕慟哭の島−ハイチ大地震取材体験記
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕中国・四川省大地震
〔特集〕写真で振り返る阪神大震災
大地震の死者30万人にも=20世紀以降で最悪の恐れ−ハイチ

小林秀雄、幻の講演「本居宣長」テープ発見(読売新聞)
「金融商品で損」私大職員、行員の不倫写真捏造(読売新聞)
JR西、津波にそなえ紀勢線全線運行見合わせ(読売新聞)
時効廃止を答申 法制審 改正案、今夏成立も(産経新聞)
林忠四郎・京大名誉教授が死去 天文学に原子物理学を取り入れ(産経新聞)
[PR]
by soevmlmm8o | 2010-03-04 11:05
 将棋の久保利明棋王に佐藤康光九段が挑戦する第35期棋王戦5番勝負の第2局が27日、金沢市の北国新聞会館で行われ、午後6時40分、82手で後手の久保が勝ち、1勝1敗とした。持ち時間各4時間のうち、残りは佐藤1分、久保7分。第3局は3月7日、新潟市の新潟グランドホテルで行われる。 

【関連ニュース】
久保が勝ち3勝1敗=将棋王将戦
久保が勝ち2勝1敗=将棋王将戦
将棋の里見が17歳で女流名人
佐藤九段が先勝=将棋棋王戦
最高齢棋士有吉九段が引退へ

「アトピーに効く」エタノール混ぜ販売容疑(読売新聞)
外国人参政権、海外の実態は? 単純比較は不可能…日本固有の事情で議論を(産経新聞)
各地で今年の最高気温、4月上旬から中旬の陽気(読売新聞)
<原口総務相>住基カード「持ってない、すみません」(毎日新聞)
議長不信任案など否決、自民が審議復帰…衆院(読売新聞)
[PR]
by soevmlmm8o | 2010-03-03 03:29
 鳥取県米子市で昨年2月、会計事務所社長石谷英夫さん=当時(82)=ら2人を殺害したとして、強盗殺人などの罪に問われた影山博司被告(55)の裁判員裁判の初公判は23日午後も引き続き、鳥取地裁(小倉哲浩裁判長)で開かれ、証人出廷した事務所関係者に裁判員や補充裁判員が質問した。
 補充裁判員の女性は裁判長を介して検察側証人の女性事務員に対し、被告が自ら借金をして事務所経費を負担していたことについて「知っていたか」と尋ねた。事務員は「はい。個人的に(お金が)持つのかと思った」と答えた。男性裁判員は、被告の元上司に被告の仕事内容を知っているかと直接質問。元上司は「詳しく知らない」と述べた。
 検察側は、事務所経費の肩代わりでできた借金返済のため、石谷さんの預金を奪おうとしたと指摘。元上司は「事務所の資金は不足し、どう回すかわたしも精神的に大変だった」と述べ、自分も事務所のために借金の連帯保証人となり、自宅も担保に入れられたと証言した。
 元上司によると、石谷さんには毎月80万円の報酬のほか、飲食費などを会社経費で支払い、事務所には現金2〜3万円しかなかったという。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
【特集】裁判員制度
強盗殺人事件で男に無罪判決=無期求刑、弁護側主張認める
元部下、2人殺害認める=「強盗目的ではない」-遺族が審理参加
国際犯罪の情報収集強化=グローバル化に危機感

鯖江市資料館が「まなべの館」にリニューアル(産経新聞)
<ナノ微粒子>遺伝子を搬送、がん治療に応用も 東大が実験(毎日新聞)
体長7センチ!度胸試し? 90種を一堂に「ゴキブリ展」(産経新聞)
普天間問題 米、1500メートル滑走路を要求 シュワブ陸上案難航も(産経新聞)
自民様変わり「派閥」に代わって「勉強会」(産経新聞)
[PR]
by soevmlmm8o | 2010-03-01 20:53