カメラマンって、実は意外と稼げるんです。


by soevmlmm8o

気仙沼の「ホルモン店」、魚の街になぜ多い?(読売新聞)

 全国有数の遠洋漁船基地、宮城県の気仙沼。街には新鮮な魚を出すすし屋や料理屋が並ぶが、「ホルモン」ののれんを掲げた店も目立つ。

 漁業の街に、なぜホルモン焼き屋が多いのだろうか。

 市内には、豚の内臓をみそニンニクで味つけし、七輪で焼く「気仙沼ホルモン」の店が15店ある。1958年開業で、現在、市内で最も老舗の「小浜」(気仙沼市南町)の堀尾昭治さん(68)に聞くと、「長い漁を終えた漁船員が、最初に陸で食べたいのは肉。それも安くてたくさん食べられるホルモンだ」と解説してくれた。

 堀尾さんによると、気仙沼ホルモンの先駆けは、1955年頃に南町で開業した「助六」という店。店主の男性は韓国人の知人からホルモン焼きを教わり、客の漁船員たちに出したところ、大好評を得たという。その話は小さな街にほどなく広がり、ホルモン店は70年ごろまでに約10店まで増えた。助六は約15年前に廃業し、その後に店主も亡くなったが、気仙沼ホルモンはすっかり定着し、観光ガイドブックにも登場するようになった。

 では、なぜ気仙沼なのか。青森県の八戸、岩手県の大船渡、静岡県の焼津など、他の漁船員の街にホルモン店はそれほどない。気仙沼独特の食文化らしく、気仙沼観光コンベンション協会の熊谷俊輔さん(33)は「漁船員の数が多かったため、ホルモン店の商売が成り立ったのだろう」とみる。気仙沼港は70年前後のピーク時、約400隻のマグロ漁船が所属し、約8000人の漁船員が街にあふれていたのだ。

 ところで、気仙沼ホルモンの付け合わせは、千切りキャベツが定番だ。この取り合わせに理由はあるのか。

 堀尾さんによると、助六では当初、ホルモンだけを出していたが、漁船員から「野菜を食べたい」と要望を受けてキャベツを出すようになった。とろっとしたホルモンと、シャキシャキしたキャベツの食感が合うと思ったという。

 宮城大食産業学部の西川正純教授(栄養学)も「ホルモンには美容に良いコラーゲンが含まれるが、ビタミンCと一緒に摂取しないと体内で吸収されない。キャベツとは合理的な組み合わせ」と薦めている。

 今や「B級グルメ」として定着しつつある気仙沼ホルモン。仙台や東京にも店が出来、漁船員が愛した味は各地に広がりを見せている。(小野健太郎)

<失業>パーソナル・サポート導入など検討 政府チーム(毎日新聞)
<事業仕分け>14事業を検討 第2弾最終日(毎日新聞)
事業仕分け 判定結果が法人存続に直結 第2弾 (毎日新聞)
神戸空港で水着のファッションショー(産経新聞)
デコルテケアで見た目の印象を若々しく 年齢に関係なくケアを(産経新聞)
[PR]
by soevmlmm8o | 2010-05-26 21:24